♪シプリアン・カツァリス♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018・7・17横浜みなとみらいホールにて行われたカツァリスさんのコンサートに行って来ました☆

本当は、夏休み前なので色々やらなければならない事が溜まっているのですが・・・*この衝撃を何かの形に残したくて、忘れないうちに書く事にしました。冬に行ったヴィニツカヤさんのコンサートのショパンのプレリュード全曲も衝撃でしたが、いやはや、さすが「鍵盤の魔術師」というだけあって、今回は特に魅せられました!!

まず、コンサートのプログラムの構成が面白い。同じ「パヴァーヌ」をリュリ、ラヴェル、フォーレの三人の作曲家のもの、「シシリエンヌ」をフォーレ、プーランクの二人の作曲家のもの、「月の光」をフォーレ、ドビュッシーの二人の作曲家のものを並べて、聴き比べできる様になっていたりするのだ。そして、フランクに認められていたという、あまり馴染みのないメラニー・ボニスという女流作曲家の素朴で美しい曲を間に挟んできたりする。

そしてなによりカツァリスさん自身編曲の「カルメン」全幕!!

オーケストラのスコアから持ってきたのではない、伴奏譜からもってきたのではない、ピアノならではの美しさと豊かさを兼ね備えた編曲!!ハバネラだけなら私も声楽の伴奏などしているので想像ついたが、全幕とは。よーく見ると、1本の手で2つどころか3つも4つも旋律を弾きこなしている・・・それも皆違う音色で・・・。まるでオーケストラの楽器が遠くから近くから重なって聴こえてくるようで、でもピアノの煌びやかさもあり・・・なんだ、これは、この素晴らしさは。もう、ただただ圧巻。当の本人カツァリスさんは、全然大変そうでなく、なんだか楽しそうで、(ほら、こんなのもあるよ。)と言っているように私達聴衆を魅了していく。もうやられました。演奏後には「ブラボー!!」・・・当然です。

その後の動物の謝肉祭も良かったが、アンコール曲がこれまたカツァリスさんらしい。

会場のお客さんが比較的ご高齢の方が多く、ここは日本、今は7月・・・という事で、なんと「浜辺の歌」の即興演奏!!なんと美しい、煌びやかな浜辺の歌。フランス人の鍵盤の魔術師の弾く「浜辺の歌」はなんともロマンティックでした。

今回、何がスゴイと一言で言い表せないものでしたが、演奏会を終えた後に感じた事は、「やっぱりピアノって素晴らしい。」「こんな素晴らしいピアノに(万年?!)未熟ながら関わる事ができる私は幸せものだなぁ。」そして、「そうだ、これがプロの演奏家の仕事!演奏後の聴衆の高揚感、これをみれば分かる!」でした。このコンサートに、当教室の大人の生徒さんもいらしていたのですが(いいコンサートを探してらしたので、ご紹介しました♪)、終わった後、興奮冷めやらぬ感じで、「すごく良かった!」「でも自分の演奏の未熟さを感じる~*」(←いやいやとても上手な上級者ですよ!)・・・そうそう、でも私も感じました。自分のちっぽけさを。

pやfというくくりにはできない音、レガートやスタッカートというくくりにはできない音に沢山、たくさん出会いました♪これぞ耳の洗濯。ピアノの魅力。

カツァリスさんありがとう☆

この感動、この美しさを心に消さないようにしながら、日々の音楽に関わっていきたいと思いました(^^♪

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です