♪Christmas Concert2022.ピアノ発表会♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

2022.11.27(日)平塚中央公民館大ホールにて、3教室合同のピアノ発表会、無事終了しました(^^)/

出演者の皆様、ご家族の皆様、ご来場頂きましたお客様、舞台スタッフ、写真屋さん、司会、受付、会場スタッフ係などなど、、勿論、10年以上ご一緒して頂いているI先生、K先生、この会に向けてご尽力頂きましたすべての皆様、この場をお借りしまして心より御礼申しあげますm(__)m

コロナ対策も3年目となると板について(笑)、来場者リスト作成、来場前の検温、手指消毒、演奏前までのマスク、集合写真までのマスク、と予めご案内はしていたものの、誰も戸惑うことも無く、スムーズに対策する事が出来ました。とはいえ、当日周辺の時期、西湘地域の感染者は続々と増え続けている情報もあった為、当日、そして来場者リスト保存期間の2週間後まで、安心できる事はありませんでした。

この度、無事2週間過ぎ、各教室クラスターなどの報告もありませんでしたので、やっと安心してブログを書く事が出来ました。

今年もコロナ対策で、1.2部入れ替え制で行い、1部33名、2部34名(1名欠席)、3歳の子供から中高生、大人まで合計66名の出演が有りました。

演奏形態もソロだけでなく、親子連弾、姉妹連弾、姉弟連弾、曲目もショパンエチュードやノクターン、ベートーヴェンソナタ、ラヴェル、ドビュッシー、フォーレ、などクラシックだけでなく、

平吉T、湯山A、葉加瀬T、三善Aなどの邦人大御所作曲家のみならず、初音ミ〇、GReeee〇、残響散〇、Anne-Mari〇、、、などゲームやアニメ、洋楽などジャンルも様々な曲目が有りました。

初めての発表会で舞台に立つ3~4歳のかわいいお友達も、受験勉強と並行して練習して臨む中3生も、何十年か振りに舞台に立つ大人の方も、皆一人一人ドラマが有ります。

一年に一度の晴れの舞台。この日の為に、あーでもない、こーでもない、と言われ(笑)頑張ってきました。あんなに沢山練習したのに、本番の舞台は一瞬。そしてやり直しの効かないたった一度きり。舞台の上では間違えても、忘れても、頼れるのは自分だけ。

だから成長するのです。だから私たち講師は一年に一度にこだわります。

日々のコツコツとしたメソードやテクニックの面倒な(笑)練習はこのためにあるんだ、と会を重ねた上級者のお友達は分かってきます。発表会の曲だけやっても上手くいかないし、直前の練習だけでも上手くいかない。

誰だって日々の面倒な練習は嫌いです(笑)。おそらく先生方も子供の頃、練習は好きでは無かったはず(勿論?!私もです(^_-)-☆)。

でも練習の先にあるものが見えてきた時、、、「あー、あの人凄いな!」とか、「あんな曲素敵だな!」とか「今度はこうしよう!」、、とかそういったもの。

その時、練習が練習でなくなるのです。挑戦だったり、励みだったり、時に癒しだったり、、、。

まー、そこまで行くにはなかなか時間はかかりますが、、、(笑)。

いずれにしても、今年も年に一度の発表会が終わりました(^^)/

集合写真で集まった出演者の皆さんの晴れやかな充実した笑顔。一人一人の成長を感じた演奏。

ピアノの先生で良かった!と思える瞬間です。素敵な演奏ありがとう!!

また来年も頑張ろうね(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です